Category: 検定

検定について

先ほどの記事でちょっと厳しいことを言いましたが、
試験は必要なら1つ。

自分が気に入ったものを。

自分が気に入ったものなら、
自分の言葉で人に語れるという点で力があります。

「この試験は○○で、△△にとても役立つので、
選びました。あなたにもオススメします」
というように。

パーソナルカラーを仕事としてなさりたいなら、
一番のオススメはやはり「人」に直接教えてもらうこと。

正しい診断ができているかどうか、
仕事で診断する場合のトーク、
お客さまとのコミュニケーションなどは、
検定の範囲ではありませんから。

パーソナルカラー検定を独学で学ばれた方は、
その部分が足りないことになりますね。

スクールに通って、勉強してからの受験なら、
そうでもないのでしょうが、
独学の方は、1度仕事でやっている方に付かれて、
実地で学ばれることをお勧めいたします。

それから、複数の検定に挑戦するという方法もあります。

色彩検定取得後、パーソナルカラー検定だってアリなんです。

パーソナルカラー検定と色彩検定

ご質問をいただきました。

「パーソナルカラー検定と色彩検定、
いったいどっちを取得したらいいのでしょう?」

色の検定が増えた分、
悩みも深くなったのでしょうね。

ちなみに、
パーソナルカラー検定には、
「パーソナルカラー検定」と「色彩技能パーソナルカラー検定」の
2種類があります。

Belta個人としては、
「色彩検定でも、パーソナルカラー検定でもどちらでもOK。
ご自分の目的に合ったものを。
または不要です」というのが、正直な意見です。

まず、考えていただきたいのは、
「自分が何をしたいのか」ということ。

それから、
「なぜ、検定試験を受験するのか」という目的です。

もし、受験の目的が、
「対外的なアピールのため」というのでしたら、
「色彩検定」の方が向いているでしょう。

「パーソナルカラー検定」は現在2種類あり、
いずれもベースはカラースクールです。
また実施されてまだ数年です。

その点で、「色彩検定」は(多少)公的っぽい雰囲気があります。

主催者は、社団法人 全国服飾教育者連合会(A・F・T)
正式名称は、『文部科学省後援 色彩検定®』

ですので、一般の方も名前を知っている方が多い試験です。

その点で、アピール力があるかと思います。

また、「色彩検定」という名前もわかりやすいですね。
「パーソナルカラー検定」ですと、
一般の方にはわかりにくいところがあります。

そして、「パーソナルカラー」に特化した感があり、
「色」のプロの雰囲気は薄くなります。

もし、対外的なアピールに色の検定を使われるなら、
「色彩検定」の方が向いているでしょう。

決めるのはご自分です。
自分で決めて、自分で責任を持つ。

ただし、検定を取得しているからと言って、
仕事はありません。
スキルも足りません。

スキルアップと検定は別のお話です。