Category: カラーセラピー

アファメーション集 できました

取り急ぎ、お知らせだけいたしますね。

お待たせしていたセラピスト向け
アファメーション集、できあがりました。

明日、きちんとアップします。

取り急ぎ、できたうれしさに乾杯!

新メニューのお知らせ

3月末から、モニターさまのご協力をお願いして
開発してきましたセラピーのメニューですが、
やっと形になりました。

明日、Office Beltaのブログでお知らせいたしますね。

モニターにご協力いただいたみなさまには、
心から感謝をしています。

本当に本当にありがとうございました。

今後とも、Office Beltaの協力パートナーとして、
どうぞよろしくお願いいたします。

感謝。

ブログ再開!アファメーション集、もうちょっとです。

ここしばらく、ばたばたしていたので、
お休みしていたこのブログ。

また再開します。

ただ今、アファメーション集作り中。

セラピストのセッション用のツールの
アファメーション集、もう少しで完成です。

言葉はすでにできあがりましたので、
あとは体裁を整えて、印刷、製本をするだけ。

がんばるにゃん!

こういうやり方もあります

Office Beltaでセンセーションを取得された
オフィスアイオライトの成瀬朗さん。

島根県出雲市の美容院flapperさんで、
カラーセラピーのコーナーを持ち、
今、人気上昇中。

先日は、メディアの取材もありました。

実は、成瀬さん、最初は悩んでいらっしゃいました。

どうやって活動をしていったらいいか。
Beltaも仕事として、プロデュースのお手伝いをしてきました。

その中で考えられたのが、
お世話になっている美容院flapperさんとのコラボ企画。

これが、当たり。

どのように考え、企画されたかは、
また、「好きを仕事にするセミナー」等でご紹介いたしますね。

「こういうやり方もあるんだ」
色で活動をされたい方、きっとご参考になると思います。

セッション練習会 無料モニターを募集します(大阪・神戸・夙川)

Office Beltaで資格を取得された方の
スキルアップのための練習会を開催します。

そのセッション練習のお相手をしてくださる方を
募集いたします。
もちろん、無料です。

日 時 : 2009年6月20日 11時~15時
ご希望の時間帯で1時間程度

場 所 : ギャラリー ヌーブ
兵庫県西宮市霞町3-28
TEL:0798-20-6385

地図
●梅田より
特急/通勤急行/快速急行/普通で夙川まで。
●三宮より
特急/通勤急行/快速急行/普通で夙川まで。

駅から徒歩5分 閑静な住宅地の中 しゃれた大人の雰囲気です。

人 数 : 若干名

セッションでは、10色のボトルから、お好きな色を選んでいただき、
その色から、ヒーリングカラー(お守りの色)を見つけて、
活用方法を提案いたしますので、
ご感想を聞かせて欲しいのです。

カラーセラピーのセッションを、無料で体験できるチャンス!

もちろん、プライバシーは厳守いたしますので、ご安心ください。

当日は、おいしいお茶とお菓子でおもてなしいたします。
お気軽にいらしてくださいね!

「やってみようかな?」
「興味アリ!」
と思われた方は、
info@belta.jpまで
お知らせくださいませ。


4月の講座です。

◆NLP講座 カウンセラー・セラピストのコミュニケーション力アップ(島根/松江)
4月19日(日) 1day 6時間
詳しくは、こちらをご覧ください。

◆センセーション カラーセラピスト資格講座(大阪)
4月24日(金)
4月25日(土)
2日間コース 大阪で開催です。

詳しくは、4月のセンセーション 資格講座(in 大阪)
ご覧くださいね!

お申し込み、お問い合わせはinfo@belta.jpまで

関西シェア会でした

Office Beltaで、センセーションカラーセラピスト資格を
取得された方を中心にした関西シェア会でした。

ビジネスのモデルや、
セッションの練習会の予定、
セッションの疑問、質問など、
楽しい時間でした。

いずれやりたいな。
山陰と関西の合同シェア会。

そうそう、6月には夙川で、
セッション練習会を開催します。

のちほど、これは改めてお知らせしますね。

仲間!

「いずれライバルになる人なのに」

Beltaが資格講座をしていることについて、
そうアドバイスしてくださる方がいます。

ライバルになる(特に島根県のような狭いところでは)のに、
そんなに手の内を明かしたら、
いずれBeltaが困るでしょ?

という心からの親切心です。
そう、皮肉でもなんでもなく、親切に考えてくださるのです。

確かに、小さなパイを独占するか、誰かと分け合うか、
取り分の大きさは変わってくるでしょう。

Beltaの考え方としては、
誰かと分け合うと、取り分はもっと大きくなる、んですけどね。

というのも、Belta一人でカラーセラピーを身近なものにしようと
頑張っても、限界があります。

それが、2人、4人、もっと大勢、となると、
たくさんの方に知ってもらうチャンスが広がりますよね。

これまで、何度も、
「もっと身近なところにあればいいのに」とお客さまに
言われてきたんです。

広報活動、頑張っていたつもりなのですが、
足りなかったみたいです。
ごめんなさい。

だから、Beltaは仲間を応援しているんです。

必要としている人に、すぐ届けられるように。

Belta一人では、まかないきれないけど、
仲間がいれば。

そして、仲間がいれば、
お互いに支え合うこともできますから。

というわけで、
明日は、関西シェア会。

セッション練習会についてや、
セッションのシェアです。

みなさんとまたお会いできること、
とっても楽しみ♪

カラーの仕事に向いている人 その7 カラーセラピーの資格

「カラーの仕事に向いている人ってどんな人?」

というご質問にお応えして。

今日は、カラーセラピーの資格について。

カラーセラピーの資格というのは、
各団体による任意資格です。

ですから、システムによって期間、費用もさまざま。

センセーションは、12時間で60,000円。
オーラーマはもっと複雑で、レベル1が36時間。
もっと上の資格を目指すとしたら、さらにいろいろ。
一度試算してみたら、200万円くらいになったことがあります。

たぶん、カラーセラピーのシステムではオーラソーマが
一番高額で期間が長いでしょう。

期間が長いから良い、短いから良いとは言えません。
ご自分にぴったりくるシステムを選ばれたらいいですね。

基本的に色の意味というのは、変わりません。

どれかお気に入りのシステムが見つかったら、
基本をしっかり学びましょう。

それから、視野を少しずつ広げていって、
いろいろな本を読まれるといいですね。。

色の専門も面白いですが、
小説の心理描写に色が使われている事が多いので、
とても勉強になります。

源氏物語、
赤毛のアン、
北方謙三の水滸伝、
など、色に大きな意味がある小説ですね。

それから、夏目漱石は紫、赤など色彩を使った描写があり、
面白く読めます。

小説は、心理と色の関係を読むこともできますし、
セッションでメタファとしてお話することもできます。

同じ理由で映画もお勧めです。

異世界を表す緑(SF映画にはよく使われています)
幸せを表す黄色、
女性を表す青。

「色」に注目すると、
小説も映画も100倍楽しめます。

あれ、
話がずれましたね。

カラーセラピーの資格というのは、
各システムによりけりです。

おそらく、今後もカラーシステムは増え続け、
色彩心理の検定試験などもできるでしょう。
もう、既にその動きは始まっています。

Beltaの個人的な意見としては、
あれこれ増える試験や資格に踊らされないこと。

大切なことは、資格ではなく、
それを提供していくことだから。

いくら資格をたくさん取得しても、
実際のセッションが何もできなければ、
何にもなりません。

セッションをする力、
仕事として活動していく力、
その勉強の方が、遙かに大切です。

カラーの仕事に向いている人 その6 カラーセラピーに必要なスキル

「カラーの仕事に向いている人ってどんな人?」

というご質問にお応えして。

一口にカラーの仕事と言ってもさまざま。

カラーセラピーの場合、最低限必要なスキルは、
各システム(オーラソーマとかセンセーション)に
それぞれ用意されています。

基本的にそれを学べば、
セッション(オーラソーマではカウンセリングと言いますね)が
できるようになります。

多くの場合、
色の意味や、カラーヒーリングの手法、
そのシステム独自の流れ、などです。

ただ、よりお客さまに満足していただくためには、
さらに色についての深い知識、
心理学、会話術、雑学なども必要になります。

特に重要なのが、「コミュニケーション能力」

初めてお会いするお客さまと、
短時間でラポール(信頼関係)を築き、
リラックスしていただくわけですから。

そして、お客さまにご自分が本当に望んでいることに
気づいていただくのですから。

このコミュニケーション能力が、
カラーセラピストの最重要課題、でしょう。

勘違いしやすいのですが、コミュニケーション能力は、
人を誘導するとか、人を思い通りにする、
というものではありません。

お客さまに、「ここが安全な場所である」と
確信していただく能力です。

これは、スキル+マインドの両方、
セラピスト自身のあり方にも関わってきます。

カラーセラピーを仕事にする場合、
自分自身の整理、それが最初にすることなのかもしれませんね。

Office Beltaのセンセーション講座では、
そのあたりも織り込んでいます。

カラーの仕事に向いている人 その5 カラーセラピーに必要なスキル

「カラーの仕事に向いている人ってどんな人?」

というご質問にお応えして。

一口にカラーの仕事と言ってもさまざま。

カラーセラピーの場合、
「カラー」というより、
「カウンセリング」「セラピー」など
「心理学」の要素が強くなってきます。

カラーシステムそれぞれに、
リーディングやヒーリングの手法があるのですが、
お客さまは十人十色です。

それに対応することがとっても大切、というわけなんです。

さて、松江事務所は引っ越し真っ最中。

ネット環境が整っていません。

今、他所様のネット環境をお借りしていますが、
時間になりました。

続きは明日です

明日の午後にはネット環境が整う予定です。

では。