突き放す

好きなことを仕事にする場合、
陥りやすい落とし穴がある。

それはどっぷりと浸りすぎるという落とし穴。

どっぷりと浸りすぎると、
客観的な目がなくなる。
扱えなくなる。

だから、Beltaは間違ってもペットショップなど経営しない。

猫を「売り物」としては扱えないから。

好きなものをとことん味わいたいのなら、
仕事にせずに趣味にとどめておく方が良いかもしれない。

好きであるけれど、
ある種の突き放し
扱える冷めた目も必要。