分けて考える

カラーや癒しの仕事をする。

大きな組織ではなく、自分のサイズでする場合、
ちょっとした戦略は必要です。

それは「分けて」考えること。

スキルアップ的なことと、
サービスの提供と。

職人と経営者と、と言ってもいいかしら。

分けて考えることで、
何が足りないか、何が問題なのか、
何が強みなのかが見えてきます。

職人頭でビジネスのことを考えないこと、
経営者頭でサービスのことを考えないこと。

2つを分けて考えます。

これは経験してみて、身にしみて感じたこと。
そしてとても大切なこと。
    
   
  
「なんのこっちゃ?」

でも気になる、

という方は、Office Beltaのビジネスコンサルティングをぜひどうぞ(笑)

たぶん、目から鱗だと思います。

ざわざわ

こういった仕事をしていると、
お誘いを断られることもしばしば。

「学びたい」と言われたので、
資料を作ったら「もう興味がない」なんて、
しょっちゅうのこと。

断る方もいやな気分かもしれないし、
断られるこちらも決してうれしくはない。

そんなときは、心がざわざわ。

けど、それと付き合うだけ。

世の中も人の心も、
100%こちらの思い通りになんてならないし、
お互いに誤解もある。

そんなもの。
笑ってすまそう。

仕事をするのがこわい、
という人の中には、
「断られるのがこわい」という方もいらっしゃいます。

実際、一回断られるとひどく傷つく。
でもねぇ、そんなときもありますよ。

あなただって断るでしょ?

断られたのは、タイミング。

あなたそのものではない、ってこと。
    
   
   
たぶん、心の中で比べちゃうのでしょうね。

他の用事と「私」と比べて、
「私」の方が価値が低いって。

人は自分のことが一番大切だから、
他の人にとってはそうではない事実を知るのが
こわいんだろうなぁ。

人生に必要なものは

勇気とほんのちょっとのお金。

チャップリンもそう言っている。

Beltaもそう思う。

勇気。

ここは少しだけ冒険してね。
船を出さないと、冒険は始まらない。

何もこわいことはないから。

Beltaも応援しているから。