値段の「良心」?

いつも不思議に思うこと。

セミナーにしても、セッションにしても、
「安い」と「良心的」と言われること。

お値段の良心、ってなんでしょうね?

安い=良心
高い=邪心?

もっとも、その安い、高いの判断は、
その人の個人的な感覚であって、絶対的なものでもないわけで。

安いことが「良心」で、
高いことが「良心ではない」というのは何かおかしい。

本当に安いことが「良心」なんだろうか?

「安い」場合は、往々にして次に何かある(笑)

Office Beltaが提供するメニューの値段は色々です。

高いものは15万くらいから、
安いものは1,000円まで。

これはちゃんと理由があります。

高いものは、資格取得やOffice Beltaの本業であり、
Office Beltaも高いお金を出して身につけていたり、
準備や資料にものすごく時間がかかっていたり。
フォローをずっと続けたりもします。
そして、料金以上の価値を提供するものです。

安いものは、
まだ勉強中のものや、準備が不要のもの、
Beltaの利益より、困っている人に広く利用して欲しいもの、
まずは試してもらいたいものなどとなっています。

全部、良心に基づいて、適正に決めているつもり。
時々、見直しています。

「安い」=「良心的」と決めつけないで。

高くても、とても良心的なものもあるのです。
(ちなみに、公共のバックアップがあるものは別として
Beltaは無料の講座や、とても安い講座には行きません)

安ければいい、という発想から、そろそろ変わってくれないかな。

石の上にも

昨日、Beltaの友人ひうたさんが、
新しいチラシを持ってきてくださいました。

全国に仕事が増えてきたので、
きちんとしたパンフレットを作ったのだそう。

横浜IKEYAで3日間のライブや、
川崎のギャラリーや、あちらこちら、と飛び回ってますものね。

ステキステキ。

何年前でしたっけ?
Beltaと知り合ったのは。

知り合ったころは、生活を支えるためにバイトをされてましたね。

「先日のライブ、お客さまゼロでした」

そんなこともあったなんて、
5年後の今となっては、ウソのよう。

「最初の3年でしたね、辛かったのは」

ほんと。

最初は辛い。
誰も自分のことなど知ってなくて、
何をやっても気づいてもらえない。

けど、
石の上にも3年。

続けていれば、何かが変わる。

これはBeltaも体験済み。

だから、今、何でもできる。
辛いのは最初だけだから。

工夫をしながら続けることで、
必ず何かが生まれる。

今、石の上にいる方。

もうすぐですよ!
  
   
   
「音楽でメシは食えない」
そう言われ続けた陽詩さん。

音楽でメシが食えるようになりました。
「好き」を仕事にした人です。

自分で仕事をするには、順番と学ぶものを意識しましょう

これも自分でやってみて気づいたこと。

自分の仕事をするには、
手順というか、順番があります。何のため?

順番を構成している一つ一つの要素を達成するには、
学ぶことがいくつかあります。

闇雲に興味があるものなんでも学べ!
もいいけど、
もしかすると学ぶべき大切なことを落としている可能性もあり。

まだまだ症候群の方の中には、
学ぶべき大切なことではなく、
違う方向にひたすら向かっている方もいらっしゃいます。

何のために学んでいるかの意識がないため、
実践できない人も。

時折、
人がしているなら、私もしなくちゃ、
なんか出遅れている感じがするから、
という感覚で学んでいる人もいらっしゃるみたい。

ちがうよ。
そっちの方向は。

順番と学ぶこと、もっと意識しようよ。
何のためってことを。

本当の大人とは

何でも一人で出来るのがエライわけじゃありません。

人の手を借りること、
人に手を貸すことができること、
それが本当の大人です。

人の手を借りずにビジネスはできません。

一人で頑張ろうとしていませんか?

人生を肯定的に捉える

もう一つのブログにも書きましたが、
こちらにも関係がありますので、少し書く加えて転記します。

ふと、考えました。

今の仕事をして良かったこと。

たくさんあります。

中でも、大きかったのは、
人生を肯定的に捉えることができるようになったこと。

なぜって、人生を肯定的に捉えないと、
仕事にはならないから。

もし、自分でこういう仕事をしてなかったら、
まだ、他人のせいにしたり、自己卑下したりしていたかも。

仕事とみなさまのおかげです。
感謝。

(in 大阪)