最大の才能!

欲しい欲しいと願った才能を
ことごとく持ち合わせていないことに気づいたのは、
いつだろう?

絵も、色も、容姿も、文章も、踊ることも、人前で話すことも、
運動も、ことごとく「才能」と呼べるものは、
持ち合わせてないらしいと。

けど、最近気が付きました。

とっても大きな才能に。

それは、下手を恥ずかしいと思わない才能。

おかげで絵が上手になりました。
おかげで人前で話せるようになりました。

才能を持ち合わせていないことは、
決して恥ではないんだもん。

下手は下手さ。
けど、それは罪でもなんでもない。
単なるその時の状態さ。

無難というリスク。安定という不安定。

不思議、「無難」という言葉。

何歳くらいからその言葉を覚え、
何歳くらいから使い始め、
何歳くらいから、自分の基準となるのだろう。
   
    
    
「色は何色にしましょうか?」

「黒を」

「黒でございますね」

「ええ、無難に」

   
   
「無難」って何でしょうね?

   
   
   
   
そしてまた、

「安定が欲しいんです」

 
  
「安定ですか?」

「そう安定です」
   
   
「安定って何でしょうね?」
    
     
    
Beltaは知っています。

それは、「不安定」の始まり。
    
  
ひとたび「安定」なるものを手に入れときから
「不安定」が始まる。
 
 
失うまいとして。
   
   
今の「安定」が実は「不安定」そのものだと知っている人が、
本当に「安定」しているのだと思う。

 

「まだまだ症候群」から「いよいよ症候群」へ

昨日の「まだまだ症候群にご注意を」に
たくさんの反応をいただきました。

みなさん、
「私のことです」とおっしゃるんですよね。

そう、あなたのこと。

いえ、「私たち」のことです。

みんな一緒です。
そう、Beltaだってそうだったんです。

だから、よくわかる(笑)

あの記事を読んで、「ズキン」ときた方。

それは、「いよいよ症候群」の始まりじゃないかしら。

感じたときこそ、何かを変えるとき。
小さいことでいいんです。

ちょっとだけ。
ほんのちょっとだけ。

一人で難しいと思ったら、Office Beltaにご相談くださいね。

答えはあなたの中にあるけれど、
誰かの手助けが必要な時があるんです。

info@belta.jp

「まだまだ症候群」にご注意を

「そろそろ仕事にしましょうよ」

そうお誘いすると、

「いえいえ、まだまだ。勉強しなくては」

とお答えする方がいらっしゃいます。

そして、また次に学ぶものを探し始める…

これはアブナイ「まだまだ症候群」

「仕事にしたい」と言っていているけれど、
こわくて逃げているパターン。

失敗がこわい、
自分が変わるのがこわい、
始めたけれど、やめるのがこわい。
理由はいろいろ。

実は、こういう方、たくさんいらっしゃいます。

逃げているか、
どこかで満たされていない気持ちが、
仕事や学ぶことにつながって行動に走らせている方ですね。

これはちょっとアブナイのです。

ずっとずっと学び続けていくだけになる可能性があるから。

学ぶことに対して、「アブナイ」と言っているのではなく、
「仕事にしたい」という仮面を被っていることがアブナイのです。

もし、本当に仕事にしたいなら。
スキルは100%あればOKです。
120%は要りません。

「120%ないと仕事にしちゃいけない」と思っていたらご用心。
「まだまだ症候群」かもしれません。

もちろん、まだまだ症候群ではなく、
単に思い込んでいるだけの方もいらっしゃいます。

仕事は100%のスキルで始めます。

100%のスキルでできることから始めればいいんだもん。

100%でできること、いっぱいありますよ。

そのあたり、詳しいことをお聞きしたい方は、
個人コンサルティングをぜひどうぞ。

info@belta.jpまでお問い合わせくださいね。

逃げるな、自分から。

パーソナルカラー診断は独学が可能か?

該当の方、お気を悪くなさったら、
ごめんなさいね。
非難も否定もするつもりはありません。
Beltaの意見です。

最近は、パーソナルカラー検定(2つもある)を勉強することで
パーソナルカラーについて独学が可能のように思われます。

「パーソナルカラー」は独学でも可能だと思います。

ですが、
「パーソナルカラー診断」は、独学では少し厳しい、
または非常に時間がかかるというのが、
Beltaの意見です。

というのは、「診断」となると、
お客さまとのコミュニケーションが必要になってくるのです。

お客さまをお迎えしたとき、
どのように説明するか、
似合う色、合わない色をどのようにお伝えするか、
いえ、お客さまの顔を見る前からのコミュニケーションもありますね。

Office Beltaの講座の内容になりますので、
ブログでは公開しませんが、
大切な要素がたくさん、たくさんあるのです。

自分の経験だけで学ぶのは、
とても時間がかかることだと思います。

正直に言うと、Beltaも独学だったのです。
NHKの通信教育で「パーソナルカラー」を受講しました。

レポートを書いて、先生とやりとり。
モニターの方をお願いしてドレープを当てて。

良い成績で修了したのですが、
終わったとき、
「この講座の内容では、
友だちと楽しい時間を過ごすには良いけれど、それだけ」
と思いました。

そこで、先生に就いて学び直したのです。

カラースクールの展開については疑問を持つBeltaですが、
ことパーソナルカラー「診断」に関しては、
スクール、またはどなたか現役の先輩に就いて学ぶ方が
早道かなぁと思います。

学ぶのは、色だけではなくて、
コミュニケーションの取り方や、説明の仕方、
ボキャブラリー、ビジネスの方法など。

通信教育や検定試験では得られないものを、
どうぞ学んでくださいね。

(in 松江)

イベントデビューをしましょう

カラーやセラピーの仕事を始めるとき、
最初の試みとしてイベントデビューをオススメしています。

特に経験のある方のアシスタントとして参加すると
とても勉強になります。

ディスプレイ、お客さまとのやりとり、必要なものなど、
サービスを提供する側の立場で学ぶことができるのです。

イベントにはたくさんの方がいらっしゃるので、
セラピストの方も、アシスタントの存在は、
とても助かりますから、お互いにメリット大です。

今、癒しのイベントは
大ブーム時代に入ろうとしているように思います。
それだけ待っている方も多いのでしょう。

みなさまの身近な存在になりたいものです。

どうぞ、積極的に参加してみてくださいね。

お客さまのメールアドレス流出にお気をつけください。

この1ヶ月で3回、
いただいたメールの宛先に、多数の方のアドレスが…

そう、たくさんの方に同じメールを送ろうとされて、
「宛先」欄に複数のアドレスを設定されたのです。

そう、アドレス流出、個人情報流出です。
これは、由々しきこと。
特にお仕事をされてらっしゃる方は。

3回の内、お二人はお仕事のメールで、
後ほど丁寧にお詫びの言葉をいただきましたが、
一度流出したアドレスは、取り戻せないのです。

メールアドレスを悪用する方は、そう多くないでしょう。
ただ、流出後にスパムメールがが増えるのも事実なのです。

複数の方に一斉送信をされる場合、
BCCにアドレスを設定くださいね。

使い方がわからない方、
ちょっと調べてみてください。

すご~く簡単ですから。

(in 大阪)

自分の資質は自分では気が付かない

今日、ビジネスコンサルティングをさせていただいたお客さま。

Beltaの目からは、
すばらしいスキルと経験をお持ちに見えます。

けれど、自分では気がつかない。
自分に何ができるかわからない。

そんなもんですね。

自分の本当の資質は、
自分ではわからないもの。

気づく手伝いをするのも、
Office Beltaの仕事です。

(in 大阪)

自分の仕事を始めて良かったこと

昨日の松江でのカラーセラピーセッション練習会で、
参加者のお一人がおっしゃいました。

「セラピストって良い仕事ですね」

「セッションをすると、自分の良いところがどんどん出てきて、
人に優しくなれる」と続けられました。

はい。
Beltaもつくづくそう思います。

良い仕事です。

もし講師やセラピストをしてなかったら、
Beltaはもっと違う人間になっていたと思います。

今のBeltaが最高だとは思いませんが、
何かしら違っていたことでしょう。

セラピストは、
ステキな仕事。

もちろん講師も。

この仕事を選んでよかったな。

幸福感が重要

セラピストに必要なもの、

それは、

本人の幸福感。

幸福な人に、人は癒されるのです。

あなたがこれまで苦労をされていたのは、
よく知っています。

けど、それをお客さまにまで知っていただく必要はないのです。