Office Belta仕事始め その2

大阪のカラースクールのセミナーは2,000円という破格値。
個別相談もするというので、張り切って行きました。

参加されている方のほとんどは、
色彩検定を取得(級は不明)されているか、
パーソナルカラーの講座を受講済み、という方ばかり。

その方たちへのアドバイスは、
「美容院に営業に行きなさい」
「知っているお店にチラシを置かせてもらいなさい」
など。

「うーん、ピンとこないなぁ」と思いながら、
Beltaは聞いていました。
アドバイスを受けている人も、微妙な表情。

Beltaの番になったので、
「島根に色を持ち込みたいんです!」
と意気込むBeltaに、

「色彩検定は持っていますか?」
「ない?至急2級を取りなさい。
できれば1級を」

「少なくとも色彩検定の2級がなければ、
色の話しはできないと思ってください」

と。

えええええ、それだけ?

これを聞くために、400キロをBeltaはやってきたの?

はっきり言って、ショックでした。
色彩検定をとらねば、色の仕事ができないなんて、
初めて知りましたし、
さんざん待って、これだけ、なんて。

先生は、
「色彩検定対策講座もあるけど、
遠方だから、個人レッスンで集中講座をしてもいいですよ」
と言ってくださったのですが、
なんか、ここは居る場所ではないような気がします。

その日は結局
「ありがとうございました。今日はこれで失礼します」
と帰ったのでした。

松江に帰る道中、その日のことを振り返ります。

この日、分かったことは、
「色彩検定は取得しておいた方がよさそう」
ということ。

けれど、それを取得しても仕事には結びつかないであろうこと。

そして、色の仕事は、
仕事になりにくいかもしれない、ということでした。

あれこれ思い悩みつつ、出した結論は、

「そんなに言うのだったら、色彩検定を取得しよう。
1級まで。けど、独学でやろう。
検定にお金はかけられない」

でした。

独学で検定を取るお話は、後に譲るとして、
その年の6月に色彩検定3、2級を取得。
12月に1級を受験することができました。

翌年1月に、1級の合格通知が来たとき、
「これで晴れて、色の仕事ができる」
とうれしく感じたものです。

けれど、実際は…

Office Belta仕事始め その1

予告をしておきながら、
なかなか書けなくて、ごめんなさい。

「『Beltaがどうやって色を仕事にしてきたか』を知りたい」という
ご質問に少しずつ、お答えしていきます。

こういうご質問には、
Beltaは色の仕事をしようと思ったか、から始めるべきでしょうが、
それを語るととても長くなるので、
色を仕事にすると決めてからのお話としますね。

当時のBeltaは、パソコン講師。
主にポリテクセンターで、
再就職のための検定試験の担当でした。

当然、色を仕事にする方法なんて知りません。
それどころか、色の仕事って、
具体的にどんなことをするのかもよく分からず(笑)

それでもやりたかった。

また、周囲も「若林=パソコン」のイメージがどっぷり。
当然ですよね。もう何年もやっているのですから。

このイメージがとても強かったので、
どうやって変えていくか、は非常に大きなテーマでした。

そこで、自分がしたいことを
既に仕事にしている人に聞けば良いと思い、
ネットをあれこれ探しました。

ちょうど、大阪のあるカラースクールが、
「カラービジネス」をテーマとしたセミナーを開催するというので、
すぐさま、申し込みをしたのです。

そして、大阪へ。

投資をしましょ♪

こちらのブログも書きたいことがいっぱい。

リクエストもいただいているので、
近々、どうやって仕事にしてきたかをシリーズで
書く予定です。

それから、Belta的メール術も。

でも、今日はちょっと違う話。

タイトルの「投資」は、世に言う金融投資ではありません。
自分に対する投資のことです。

これはすごく大切。

セミナーに出る、
本を読む、
人に会う、
通信教育を受ける
などなど。

自分を育てること、
自分を育てるために、
お金と時間をかけること。

それを続けること。

Beltaもやってきましたし、
やり続けています。

一時、車を買おうかと思ったけど、
自分の教育費に使っちゃった(笑)

あおるつもりはないけど、
投資したら、投資した分、ちゃんと返ってきますから。

ただし、何に投資をするかは、見極めてね。