カラーの仕事に向いている人 その2 カラーの仕事って何があるの?

「カラーの仕事に向いている人ってどんな人?」

というご質問にお応えして。

みなさん、とっても興味があるところ、じゃないかしら。

一口に「カラーの仕事」と言っても、
たくさんの種類があります。

・パーソナルカラーアナリスト(イメージコンサルタント)
・カラーセラピスト
・色彩講師
・カラーデザイナー
・カラーコンサルタント

サブ的なもの、
メイク、ネイル、美容院、インテリア、お花、ファッション、
料理、プロダクトデザインなどなども含めると、
本当にたくさんの仕事と「「カラー」は関わってきています。

ただ、一般的に「カラーの仕事」と言う場合、
「パーソナルカラーアナリスト」と
「カラーセラピスト」を指すことが多いように思えます。

両方ともなさっている方、多いですね。
Office Beltaもそうです(加えて色彩講師もしています)

では、この2つの仕事、具体的にはどんなことをするのでしょうか。
それを知るのも大切なことですね。

知っている方も多いと思いますが、

「カラーの仕事に興味があるのですが、
 どんなことをするんですか?」

そういうご質問もたくさんいただきますので。

では、明日はまず、カラーの仕事についてご説明しましょうね。

早く知りたい?

えへ、ちょっと待って。

一つずつ、段階を追って知るってことも、大切だから。

では、続きは明日。