リピートのコツは、講師が楽しむことじゃないかしら?

昨日のセミナー、おかげさまで評判良かったようです。

自慢するつもりはありませんが、
セミナーは概して、高い評価をいただいていると思います。

これには、ヒミツがあります。

それは、セミナーで扱っているモノ
(カラー、NLP、パソコン、起業などですね)のことを、
Office Belta自身がとても好きであり、
楽しんでいるから。

自分自身が面白くないと思っているものを訴えたって、
誰も本気になんかしてくれないですから。

時々、NHK教育TVの「高校講座」を観るのですが、
これがとても勉強になります。
講義をする先生が、その科目にどれだけ入れ込んでいるか、
でずいぶん、雰囲気が違うんです。

「ほら、こんなに面白いんだよ!」
というオーラを出している先生の授業は本当に面白くて、
興味がない分野でも引き込まれていくのです。

逆もまたしかり。

ずいぶん前、パソコンの検定講座の講師をしていたときも、
「先生、本当にパソコンが好きなんですね。
 僕も好きになりました」
と言われたことがあります。

おかげさまで、ずっと好きなことばかりを仕事にしているので、
心から楽しむことができるのでしょう。

「仕事」ですから「楽しむ」ことばかり考えてはダメ、
そういうご意見もあるかと思います。

また、さまざまな事情があり、
「楽しい」ことばかり言ってられない時もあります。

が、それを踏まえた上で、全部飲み込んだ上で、
セミナーの「その場」では、
自分自身が楽しくあろうと思っています。

そして、その楽しさを伝える「工夫」も忘れずにしているのです。