1st ステップ

初めの1回目はとてもこわい。

セミナーにしても、セッションにしても。

仕事の依頼はとてもうれしいハズなのに、
その日が来なければいいのに、と願う。

2日目だって、やっぱりこわい。

でも、3回目になると…

そして、10回を超えると、楽しくて仕方ない。

そうやって、人は次のステップにあがるんですよね。

Beltaもそうでした。

最初の一歩。
こわくても、勇気を出して。

次のステップには、絶対に必要な1歩だから。