カラーセラピー 参考図書他

Beltaが講座でご紹介したり、
実際に使ったりしている参考図書です。

<エコール・ド・メチエ代表 橋本氏の本(翻訳です)>

★8つの色で「本当の自分がわかる」

メチエの代表、橋本俊哉が翻訳された本。
8つ色を読み解くカラーセラピーの本ですが、
チャクラやオーラ、インテリアやパーソナルカラーまで
及んでいて、とても勉強になる本。

講座でご紹介すると、ほとんどの方が購入されていらっしゃるようです。

<フェイバービレンの本>
アメリカで最も成功したカラーコンサルタント
フェイバービレンの本です。
センセーションの理解の一助になります。

★ビレン色彩心理学と色彩療法―人類の福祉と生命体の諸反応を支える光と色のさまざまな様相

(旧版)

★好きな色嫌いな色の性格判断テスト

センセーションのテキストで取り上げられているビレンのカラーテストです。

<カラーヒーリング関係>

★カラーヒーリング―色彩がもつヒーリングパワーを実生活に生かす本

現代イギリスのカラーセラピー界のカリスマ
テオ・ギンベル氏の本。
カラー使ったヒーリングの実際などがあり、
カラーヒーリングの世界を実感できる本。

カラーを取り込む簡単なエクササイズは、
誰でもすぐできます。

★美しくなるカラーブリージング

「ピンクを呼吸することで若返る」
と話題になったピンク呼吸法。

実際には、身体の部位や症状と色は対応していて、
それぞれに効く色があります。
その色を呼吸で取り込むのです。
この本ではその処方と呼吸法が紹介されています。

セッションの際、カラーヒーリングのツールとして、
呼吸法を取り入れるといいですね。

★実用 カラーの癒し―暮らしの中で実践できる完全ガイド (大型本)


呼吸法、カラーエネルギーの取り入れ方、指圧など、
ヒーリングの手法がたくさん紹介されています。
自分のケアに取り入れることも、
お客さまへ色の取り入れ方として提案することもできます。

<チャクラの理解に>

★光の医学―光と色がもたらす癒しのメカニズム

★チャクラ 癒しへの道―新しい「健康」の発見

★光の手―自己変革への旅〈上〉

★光の手―自己変革への旅〈下〉

<色彩学関係>

★色名事典★

和色名、洋色名、系統色名、DIC番号、CMYK値、
マンセル値、RGB値、色名の由来、
関連する色名などを詳細に解説してあります。

パソコンで色を作るとき、RGB値が分かるととっても便利。
リファレンスとして、よく使っています。

<音楽>
★ハーモニック・レゾナンス

セッション、講座でよく使うCD。

表だって言われてはいませんが、
センセーションは、クリスタルの波動も関係しています。

始祖のステファニー・ファレル氏のセラピールームでは、
クリスタルボウルの音楽が流れているそう。

そのクリスタルボウルを使った音楽です。
曲名に全て色が冠してあるのも、イイカンジ。

★Chakra Suite

これもセッション、講座ともに使っているCDです。

各チャクラに対応した音楽が、
とても心地よい時間を作ってくれるので、
自分自身の瞑想にも使っています。

日米のAmazon共にレビュー数が多い。
1975年リリースのロングセラー

★心にきく薬奏 サブリミナル効果による不安解消

サブリミナル効果により、不安解消をするのだそう。
サブリミナル効果は別としても心地よい音なので、
セッション、セミナーで使っています。

<香り関係>

★生活の木 アロマ 入門セット 検定 2 級

★生活の木 アロマ 入門セット 検定 1 級

 

センセーションは、色と香りのセラピーです。
各ボトルには、その色に対応した天然の香り成分が含まれています。

セラピストとしては、アロマの基礎知識があると、
より質の高いヒーリングを提供することができます。

生活の木のこの2つのセットは、
ボトルにも使われている代表的な精油が揃っているので、
講座でアロマのことをお伝えするのにとても便利です。

またセッションの際にも、「こんな香りですよ」とご紹介しやくて、
使っています。

ただ、精油は賞味期限(?)があるので、
自家消費もしていて、
なくなったら大きなボトルから足しています。

小さくて持ち運びにも便利です。
 
 
 

1件のコメント

Other Links to this Post

  1. Office Beltaのカラー&セラピーで経済的自立を! » カラーセラピー参考図書に追加しました — 2009 年 1 月 11 日 @ 9:07 PM

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする