BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » Page 326

塗り絵 ワークショップ(島根/揖屋)

6月 23rd, 2011 Posted in color, many colors Tags:

時々、塗り絵のワークショップをさせていただいています。

昨夜は島根県 東出雲町 揖屋のアンネイさま(旧 ロフト)という
カフェでワークショップをさせていただきました。

みなさまの作品をご覧ください。
すてきです。

テーマ作品は右4枚です。

左の2枚、
上は遅れて来られた方の途中作品です。
この後の展開が楽しみ♪

下は試し書き用の紙です。
作品完成後も「楽しい!」と色で遊んでいらっしゃいました。
気分が明るくなる絵なので、一緒に撮らせていただきました。

みなさん、個性さまざま、色とりどり。
わくわくしますね。

そして、サプライズ!

前回のワークショップ後、
ご自分で絵を描かれた方が、
作品を見せてくださいました。


きれいでしょう?
写真をたくさん撮らせていただきました。

1枚、アップでご紹介しますね。

「色を出すのが難しくて、よくわからない」
とおっしゃっていましたが、
葉、ぐみの実、美しい色だと思います。
素晴らしい作品ですよね。

写真ではお伝えできなくて、もどかしいなぁ。

このワークショップがきっかけとなり、
絵を描いてみようと思われたそうです。

うれしいお話し、ありがとうございます。

みなさまから、
「次回はクリスマスの絵」
というリクエストをいただいています。

ツリーにするか、サンタクロースにするか、
それとも長靴?
今からワクワクしています。

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

water melon スイカ ③

6月 22nd, 2011 Posted in color, fruits, green, model, red Tags: , , ,

季節のスイカ。

前回とあまり変わらないように見えますが、
目の錯覚です(笑)

遅々として進んでいます。

松江のスキャナはぼやけることもあり、
前回との変化がわかりにくいですね。

赤い部分が少し濃くなっています。
影もできました。

細密画ではなく、イラストチックな絵にしたいので、
そろそろ仕上げる予定です。

スイカの赤は独特の色。
オレンジでもマゼンタ系でもなく。

やや褪せた感じの赤。
表現するのが難しい。

色鉛筆はファーバーカステルポリクロモスと
サンフォードのカリスマカラー。
紙はStonehenge

color pencil :  Faber Castell polychromos、karisma color
paper : Stonehenge A5

【関連記事】
コツコツとやるのが苦手なBeltaのコツコツ法

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

blue cherry 青いさくらんぼ ①

6月 21st, 2011 Posted in blue, color, fruits, model Tags: , ,

先日描いたサクランボ。


今度はブルーで表現してみます。

音楽でいう「移調」のように、青へずらす、という感じです。
現段階では、
暗い部分にバイオレット系、ハイライトにイエロー、
その他がブルーです。
うまくできるといいな。

色鉛筆はファーバーカステルポリクロモスと
サンフォードのカリスマカラー。
紙はStonehenge

color pencil :  Faber Castell polychromos、karisma color
paper : Stonehenge A5

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

water melon スイカ ②

6月 20th, 2011 Posted in color, fruits, green, model, red Tags: , , ,

夏と言えば、スイカ。

昨日より「スイカ」らしくなりました。
赤い部分は下塗りが終了。

make color 色鉛筆で色を作る ②」で書いたように
暗い赤の部分には青寄りのピンクを乗せて
立体感を出しています。

この後、赤を重ねます。

色鉛筆はファーバーカステルポリクロモスと
サンフォードのカリスマカラー。
紙はStonehenge

color pencil :  Faber Castell polychromos、karisma color
paper : Stonehenge A5

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

water melon スイカ ①

6月 19th, 2011 Posted in color, fruits, green, model, red Tags: , , ,

夏と言えば、スイカ。
味より色に惹かれます。

下塗りですので、モデルが何かもわからない状態ですね。
絵はこんな混沌から生まれます。

「model」のカテゴリーは「fruits」としたのですが、
スイカは地面にできるので、
野菜「vegetable」にすべきかしら?

色鉛筆はファーバーカステルポリクロモスと
サンフォードのカリスマカラー。
紙はStonehenge

color pencil :  Faber Castell polychromos、karisma color
paper : Stonehenge A5

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

make color 色鉛筆で色を作る ⑤ まとめ

「色鉛筆で色を作る」には2つの意味があります。

1つは、ブルーとイエローでグリーンを作るなど、
新たな色を作り出すこと。

もう1つは、色相そのものは大きく変化させず、
明暗をコントロールしたりや深みを出したりすること。

2の場合、色相環が頭にあるとわかりやすいと思います。

その色を中心として、
明るくするなら、色相環の黄色よりの色をプラス
暗くするなら、色相環の青よりの色をプラスします。

今では当たり前のこととして知っていますが、
絵を描き始めた10年くらい前(もっと前だと思う)は
何もわからずに色を使っていたので、
色はしばしば濁りました。

Beltaがずっと絵をお休みしていた理由は、
色がうまく作れかったからかもしれません。

色相環の色鉛筆はファーバーカステルポリクロモス。
紙はStonehenge

color pencil :  Faber Castell polychromos
paper : Stonehenge A5

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

make color 色鉛筆で色を作る ④

6月 17th, 2011 Posted in color, green, lesson & technic, model, red, vegetable Tags: , , ,

色鉛筆で色を作る」の応用です。

色鉛筆画では、色を塗り重ねて色を作ります。
色は単色で使うより、重ねる方がずっと深みを増し、
美しく発色するのです。

1.下塗り
全体にオレンジ、
暗いといころに青みよりの色(ここではディープパープル)
明るいところにイエロー、
照り返しにピンク

2.色作り
全体にレッドを乗せます

3.必要に応じて色を重ねます

途中経過をお見せするつもりでしたが、
描き始めると一気に描いちゃいました。

色鉛筆の層は何層にもなっています。
各部分の層です↓

レッドとパープルが6層以上重なっている部分もあります。

トマトの一番暗い部分の最終層は、
ネイビー(ここではオリエンタルブルー)を乗せて、
暗くしています。

このトマトの絵の「赤」は、
「ペールゼラニウムレーキ」だけです。

ペールゼラニウムレーキに、
ディープパープル、イエロー、オレンジ、ピンクを
重ねることでいろいろな「赤」を作りました。

重ねる色によって、一つの色がさまざまな色に変化します。

下に塗る色でコントロールするという点では、
メイクと似ていますね。

上記サンプルの
色鉛筆はファーバーカステルポリクロモス。
紙はマルマン 絵手紙用

color pencil :  Faber Castell polychromos
paper : maruman

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

make color 色鉛筆で色を作る ③

6月 16th, 2011 Posted in color, green, lesson & technic, model, red, vegetable Tags: , , ,

一昨日の記事「色鉛筆で色を作る」の応用です。

昨日はトマトを例にしました。
トマトの赤い色を塗る前に、明暗を表現する下塗りをします。

下塗りとして
明るいところはイエロー、ピンク、
暗いところはブルー系を塗っておきます。

それだけで立体感が出ます。

ベースができた上にトマトの表面色の赤を重ねると、
下塗りの色が反映されて、色に深みが増し、
立体的になってきます。

上の絵にペールゼラニウムレーキを重ねます。

トマトらしくなってきました。

この後、さらにペールゼラニウムレーキを重ね、
必要があれば、
明るい部分にオレンジかイエロー、
暗い部分にマゼンタ系の色を重ねて仕上げます。

現段階では色の層は2層です。

最終的に「色」は何層にも重なった色の層から
できることになります。

明日は完成した状態をお見せできそうです。

上記サンプルの
色鉛筆はファーバーカステルポリクロモス。
紙はマルマン 絵手紙用

color pencil :  Faber Castell polychromos
paper : maruman

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

make color 色鉛筆で色を作る ②

6月 15th, 2011 Posted in color, green, lesson & technic, model, red, vegetable Tags: , , ,

昨日の記事「色鉛筆で色を作る」の応用です。

昨日は、
「重ね塗りをして色を作る」と説明しました。

「赤」を表現するのに、
明るくするならオレンジ系を
暗くするならブルー系の色をプラスして、
色をコントロールします。

実際の絵を例にしてご説明します。
下塗りの状態をお見せしますね。

全体にオレンジ、
明るいところにイエロー、
暗いところにディープパープル、
照り返しにピンク、
を置いています。

ヘタも同じで、影の部分にネイビーを
その他のところはグリーンを。

明暗をつけているので、
今の状態でも立体的に見えますよね。

この後、調整をしながら、
オレンジレッド系の色を重ねます。

それはまた後ほど。

上記サンプルの
色鉛筆はファーバーカステルポリクロモス。
紙はマルマン 絵手紙用

color pencil :  Faber Castell polychromos
paper : maruman

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

make color 色鉛筆で色を作る ①

「色鉛筆で混色をする」というと、
驚かれることがあります。

色鉛筆画の経験がない方はそう思われるかもしれませんね。

Beltaの絵は、ほとんど混色で色を作っています。
単色よりずっと深みが出ますから。

実際には「混色」ではなく、「重色」かな。
塗り重ねて色を作ります。

欲しい色を出すために、どの色とどの色を重ねるかが、
面白いところ。

ポリクロモスのペールゼラニウムレーキで実験です。

下に何色を塗るかで、
ペールゼラニウムレーキが変化しますので、
よく見てくださいね。


明るくするなら、オレンジ系の色を、
深みを加えるなら、ブルー系の色を、
迫力を出すなら、補色を。

もちろん、上から重ねてもいいのですが、
塗る順番によって発色が若干違います。

絵を描く時は、こういったことを頭に入れ、
数色を重ねて色を作っています。

上記サンプルの
色鉛筆はファーバーカステルポリクロモス。
紙はStonehenge

color pencil :  Faber Castell polychromos
paper : Stonehenge A5

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。