BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » Page 302

個性豊か 清原絵画教室 生徒展(神戸)

2月 28th, 2011 Posted in books, 展示会 Tags:

昨日は楽しみにしていた
清原絵画教室 生徒展へ行ってきました。

Ann先生のワークショップで友だちとなった
ぐれさまcycloneboyさまが通っていらっしゃる絵画教室です。

展覧会で印象に残ったのは、
作品がとても個性豊かだったこと。

画材にもしても、水彩、アクリル、コラージュ、刺繍、色鉛筆とさまざま。

先生の絵によく似た雰囲気の絵が並ぶ展覧会もあるので、
とても新鮮でした。

cycloneboyさまのご説明によると、
最初に基本の3要素を教わった後は、
画材も素材も自由だそうです。

それは楽しそう♪

佐々木豊氏の「プロ美術家になる! 泥棒美術学校《実践編》」によると
先生の描き方以外はダメという教室もあるそうですが、
清原絵画教室は違うのですね。

ご興味のある方は、こちらをどうぞ。

清原絵画教室 ウェブサイト
ブログ

清原絵画教室 生徒作品展は、3月3日まで。

詳しくは、絵画教室作品展のお知らせ
をご覧くださいね。

ぐれさんと作品。
顔は出しちゃダメだそうで、ちらりと見えている手がぐれさんです。

今日も応援クリックしてくださ~い。
毎日のクリックが励みです。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

清原絵画教室 参考図書

2011年 ファーバーカステル250周年

今年は、ファーバーカステル 250周年です。

1761年にカスパー・ファーバーが鉛筆の製造を行ってから、250年。

1761年というと、日本では江戸時代。
マリー・アントワネットが6歳のころ。

ちなみに、萩尾 望都の「ポーの一族」のエドガーが1745年生まれ。
彼は14歳でヴァンパネラになったので、
ヴァンパネラになりたてのころですね。

Beltaの周辺にあるファーバーカステルの製品は、
ポリクロモスとアルブレヒトデューラー、ゴールドファーバー(廃盤品です)
エモーション(シャープペンシル)とパーフェクトペンシルUFO。

鉛筆ばかりですね。
いずれも毎日のようによく使う相棒たちです。
万年筆フリークなのに、不思議と万年筆は使ってないですね。

ファーバーカステルは日本にブティックを持っています。
東京ミッドタウン ファーバーカステル
行ってみたいな。

日本の公式サイトは、あまりおもしろくないのですが、
アメリカや本国のサイトは楽しめます。

日本
アメリカ
ドイツ

応援クリックしてくださ~い。
毎日のクリックが励みです。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

rose バラ ④

2月 26th, 2011 Posted in color, flower, green, model, pink Tags: , ,

少し色っぽくなりました。

実物はもう少しぼんやりした感じで、
きれいです(笑)

もう少し色を重ねたら、
今度は綿棒で滑らかにしつつ、色を取るつもり。

今回のバラは、やさしく、やわらかくがテーマです。
次は真っ赤なバラ、書きたいな。

色鉛筆はファーバーカステル ポリクロモス、
紙はStonehenge

color pencil : Faber Castel polychromos
paper : Stonehenge

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

字消し板を使ってみました

2月 24th, 2011 Posted in eraser, tool Tags:

昨年11月のAnn先生のワークショップで発見。
机の上の字消し板。

形から入るBeltaとしては、
真似っこして即、購入です。

ところが使い方(いつ、どのような時に使ったらいいか)がわからず、
ずっと放りっぱなしでした。

やっと使ったのが先日のビー玉

ハイライトを消すのに、使ってみました。


なかなか、いいかも!

消しゴムは愛用のmonoを使いましたが、
電動消しゴムを併用して使うと、
きれいなハイライトができそうです。

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

購入した字消し板はこれ↓

愛用の消しゴム↓

購入予定の電動消しゴム↓

Itten イッテンへのオマージュ 響き合う3色 ②

ヨハネス・イッテンへ敬意を込めて。

ヨハネス・イッテンはスイス生まれ。
造形論および色彩論を主張し、展開しました。

響き合う3色、4色というバリエーションを残しています。
この形はイッテンが使ったそのものではないのですが、
3色の変形として使ってみました。

様々な配色を試せそうです。

paper : KMK Kent200

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

rose バラ ③

2月 23rd, 2011 Posted in color, flower, green, model, pink Tags: , ,

クリーム系の色をプラスしました。

スキャナーのせいなのか、
黄みが強く発色しているようです。

実物はもっとぼんやりしています。
スキャナーの解像度が高すぎるのかもしれません。

色鉛筆はファーバーカステル ポリクロモス、
紙はStonehenge

color pencil : Faber Castel polychromos
paper : Stonehenge

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

Itten イッテンへのオマージュ 響き合う3色 ①

ヨハネス・イッテンへ敬意を込めて。

ヨハネス・イッテンはスイス生まれ。
造形論および色彩論を主張し、展開しました。

イッテンが色を研究した作品が好き。
あんな絵を描きたい。

紙はKMKケント。
鮮やかに発色させたいときは、ケント紙がぴったり。

色鉛筆はいろいろ。
ケント紙で比べてみると、紙への乗りがよくわかります。

カリスマカラー、ペリシア、ホルベインアーチストは、
鮮やかに発色し、べた塗りも簡単。

ポリクロモスは薄付きですが、
その分調整ができるメリットがあります。

これは好き好きですね。

paper : KMK Kent200

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

rose バラ ②

2月 21st, 2011 Posted in color, flower, green, model, pink Tags: , ,

バラの下塗り終了。

このまま終わった方がいいかもしれない(笑)

頭の中には「こんなバラ」というイメージはあるのですが、
それをいかに表現するか。

花びらにたくさん色を重ねると、重くなりそうです。
それは避けたいところ。

色鉛筆はファーバーカステル ポリクロモス、
紙はStonehenge

color pencil : Faber Castel polychromos
paper : Stonehenge

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

rose バラ ①

2月 20th, 2011 Posted in color, flower, green, model, pink, yellow Tags: , ,

無謀にもバラに挑戦。

まだ下塗りを始めたばかり。
何が何だかわからないですね。

気持ちが明るくなるバラにしたいな。

色鉛筆はファーバーカステル ポリクロモス、
紙はStonehenge

color pencil : Faber Castel polychromos
paper : Stonehenge

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

Glassmarble ビー玉 ④ できあがり

2月 19th, 2011 Posted in blue, color, model, object, orange Tags: , ,

なぜ、色鉛筆画家はビー玉を描くのか?
答えは謎だけど、なぜか描きたくなるのがビー玉。

影をぼかして、ハイライトをくっきりさせて、
できあがり。

前回とあまり違わないように見えますが、
目の錯覚です(笑)
滑らかさの違い、わかりますか?

ポリクロモスのリーフグリーンは、紙に乗りにくい。
妙なムラができてしまいます。
この絵も右のグリーンの部分が一番苦労したところです。
ライトグリーンもそう。
Belta的には要注意カラーです。

色鉛筆は、ファーバーカステル ポリクロモス
紙はStonehenge

color pencil : Faber Castel polychromos
paper : Stonehenge

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

色鉛筆でビー玉というと、この本を思い出します。