BeltaのColored Pencil Gallery  色鉛筆ギャラリー

色鉛筆専門サイト。色鉛筆画とモレスキンスケッチ。色鉛筆と紙の情報も満載。
Home » Page 290

Japanese wagashi 和菓子 瑞雲(島根/松江 向月庵)

松江の和菓子屋さん「向月庵」さんの「瑞雲」です。

瑞雲は棹物。
上の絵は厚さ1センチくらいに切った断面です。

宍道湖の夜明けがモデルだそうで、
皮むき餡とピンクの東雲色の餡が、
切り口によって異なる風景を見せてくれます。

いくつか切って、良さそうな断面を選びました。

色鉛筆は、ポリクロモスとカリスマカラー
柔らかそうな風合いを出すには、
カリスマカラーが向いているのではないかと。
ピンクはすべて、カリスマカラーです。

紙はStonehenge

color pencil :  Faber Castell polychromos, karisma color
paper : Stonehenge A5

<向月庵 データ>
島根県松江市苧町1-36 (市役所横)
松江しんじ湖温泉駅(一畑電車北松江線)から徒歩5分。
松江市役所のすぐ横。
日曜日お休み

【関連記事】
Office Beltaのブログ 向月庵関連記事

紙はStonehenge paperです。

応援クリックお願いします。
ものすご~く、励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてくださいね。
絵をスライドショーで見ることができます。

Christmas wreath クリスマスリース ①

またもやクリスマスリース。
ちょっと頼まれたものですから。

下絵は印刷です。
ワークショップ用に作ったものを使っています。

細かいパーツが多いので、ポリクロモスだけで描く予定。
ポリクロモスのやや硬質な芯は、こういうときに便利です。

カリスマラーに比べて渋めに発色するので、
混色し強めの色も作ります。

昨日試したのは、
ディープスカーレットとペールゼラニウムレーキの組み合わせ。
なかなか鮮やかです。

混色見本作らなきゃ。
作ったらまたアップしますね。

色鉛筆は、ファーバーカステル ポリクロモス、
紙はStonehenge paperです。

応援クリックお願いします。
ものすご~く、励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてくださいね。
絵をスライドショーで見ることができます。

【色見本】 fuchsia&cobaltturquoise

久しぶりにポリクロモスの色見本です。
今日はfuchsiaとcobaltturquoiseの混色です。

作った色見本は作品ファイルの最後のページに入れています。
人にお見せすると、作品以上に好評だったりします。

きれいな色を見ると、
人は幸せな気分になるのでしょうね。

2色からたくさんの色が生まれます。

色鉛筆は、ファーバーカステル ポリクロモス、
紙はStonehenge paperです。

応援クリックお願いします。
ものすご~く、励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてくださいね。
絵をスライドショーで見ることができます。

eggplant 泉州水ナス できあがり

8月 5th, 2011 Posted in color, model, purple, vegetable Tags: , ,

時々お昼をいただくお店は、
夏になると泉州水ナス付きの定食を
出されます。

お漬け物になる前の姿をささっとスケッチ。
(というよりほとんど想像)

ヘタがこわい。
その分、右側に下ぶくれがご愛敬。

お店は、「なんばこめじるし」の佐海屋さん。

先週、泉州水ナスと塩サバの定食をいただきました。

<ダイニングステージ 佐海屋さん データ>
大阪市浪速区難波中2-10-25
なんばCITY なんばこめじるし

色鉛筆は、ポリクロモス、カリスマカラー、ペリシアといろいろ。
メインはポリクロモスのモーブ。
紙はStonehenge

color pencil :  Faber Castell polychromos
paper : Stonehenge A5

応援クリックお願いします。
励みにしています。

1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

Santa Claus テディベアのサンタさん ③ できあがり

8月 4th, 2011 Posted in Christmas, color, green, model, red Tags: , , ,

頼まれた訳ではないのですが、
「サンタさんの絵が見たい」
というリクエストをいただきました。

小さなお子さんに見せたいそうなので、
クリスマスプレゼントを連想させる
テディベアのサンタさんのできあがり。

ほとんどできあがり。

影を入れて完成です。

最初のスケッチには、手前のプレゼントがなかったのですが、
バランスと楽しさを出すために入れてみました。

喜んでもらえるかしら?

色鉛筆はファーバーカステルのポリクロモスと、
サンフォードのカリスマカラーとヴァン・ゴッホ。

ヴァン・ゴッホのスカーレットは、クリスマスカラーにぴったり。
カキっと発色してくれます。

奧の袋のリボンはポリクロモスのペールゼラニウムレーキ、
手前のプレゼントのリボンはヴァン・ゴッホのスカーレット。

違いがわかりますか?

ただし、サンタさんの服は、スカーレットにポリクロモスを重ねて、
彩度を落としています。
それでなくても服だけ目立ちそうだったので(笑)

紙はStonehenge

color pencil :  Faber Castell polychromos、Van・Gogh
paper : Stonehenge A5

応援クリックお願いします。
励みにしています。

1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

tourmaline トルマリン ③ できあがり

8月 3rd, 2011 Posted in color, model, object, red Tags: , ,

宝石を描いてみたくて。
バイカラーのトルマリン。

赤と緑のトルマリンは、「ウォーターメロン」と呼ばれています。

確かに似てますね。
グリーン、白、レッドの組み合わせが。

色鉛筆はファーバーカステル ポリクロモス
紙はStonehenge

シャープなラインが欲しいので、ポリクロモスだけで描いています。
1ミリのスペースを塗るには、軟質より硬質の芯の方が
きれいに塗れます。

紙はストーンヘンジを使いましたが、
宝石の透明感を出すには、
KMKケントの方が向いていそうです。

大阪へ戻り、字消し板を使って細い線を消してみました。
やっぱり便利便利!
初めから使えばよかった。

color pencil :  Faber Castell polychromos、karisma color
paper : Stonehenge A5

応援クリックお願いします。
励みにしています。
1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

Santa Claus テディベアのサンタさん ②

8月 2nd, 2011 Posted in Christmas, color, green, model, red Tags: , ,

頼まれた訳ではないのですが、
「サンタさんの絵が見たい」
というリクエストをいただきました。

小さなお子さんに見せたいそうなので、
クリスマスプレゼントを連想させる
テディベアのサンタさんがいいかしら?

先日のスケッチを元に描き始めました。

まだ何が何やら。

雰囲気が出てきました。

色鉛筆はポリクロモス、ヴァン・ゴッホ
紙はStonehenge

color pencil :  Faber Castell polychromos、Van・Gogh
paper : Stonehenge A5

応援クリックお願いします。
励みにしています。

1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

紙の選び方

7月 31st, 2011 Posted in paper

「色鉛筆で絵を描きたい」

そう思ったとき、
悩むのが色鉛筆選び。

Beltaの場合、
それ以上に悩んだのが
「紙選び」でした。

水彩における「水彩紙」のようなカテゴリーで
「色鉛筆紙」というものがないため、
どんな紙に描こうか、とても悩みました。

今、色鉛筆画を始めたい方から
紙選びについてご質問をいただくと、
以下のように答えています。

どんな紙でも、好きなものを使えばOKです。
水彩が描ける紙なら問題ないはず。

判断の目安としては、
「描き心地」と「仕上がり」を考慮して考えます。

紙の表面が、「ざらざら」が好きか「つるつる 滑らか」が好きか。
紙の色が、「白」が好きか「黄色 ナチュラル」が好きか。

ふわっと柔らかいグラデーションの多い絵を描きたいなら、
「ざらざら」の方が向いているでしょう。
紙の目が残ります(白いところが残る)

(カラーペンシルパッド)

べたっとした塗りつぶしや、細密画やシャープな線を描きたいなら、
「つるつる 滑らか」の方が向いているでしょう。

(KMKケント)

ただし、「つるつる 滑らか」は、
色鉛筆の線がはっきりと出て、ムラが目立つ、
芯が滑りやすく、色が乗りにくいものもあります。
(リペルペーパーのような特殊なものもありますが)

それから、
作品を長く保存したいなら、アシッドフリー、中性紙を
選ばれると良いと思います。

現在、よく使われている紙としては、
コットマン(細目)、マーメイド、KMKケント、BBケント、
カラーペンシルパッド、バロンケントなどがあります。

紙に関しては、好みのものに出会うまで、
いろいろ試してみるしかないと思います。

Beltaも上記の紙、一通り使ってみました。

Beltaは今のところ(やや)つるつる、白い紙が好みなので、
Stonehengeをメインに、ときおりKMKケントを使っています。

紙に関しては、
右サイドバーのカテゴリ「paper」が参考になると思います。
紙いついての情報ばかりです。
(この記事も出て来ますが、次の記事からが参考になります)

どの紙でどんな絵を描いてきたかは、
タグを紙名をクリックしてください。

例) KENT…ケント紙に描いた作品たち
    Stonehenge…Stonehengeに描いた作品たち
   cotman…cotmanに描いた作品たち

応援クリックお願いします。
励みにしています。

1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。

Santa Claus テディベアのサンタさん ① イメージスケッチ

7月 30th, 2011 Posted in brown, Christmas, color, model, red Tags:

頼まれた訳ではないのですが、
「サンタさんの絵が見たい」
というリクエストをいただきました。

小さなお子さんに見せたいそうなので、
クリスマスプレゼントを連想させる
テディベアのサンタさんにしようと決めました。

真夏ですが、クリスマスです。

そこでまずは、イメージスケッチ。

どうかしら?
これでいこうかな。

左耳が変なので(いえ、あちこち変です)
Stonehengeに描き直す時は気を付けようっと。

紙は、ホルベインのクロッキーブック。
色鉛筆は、廃番のファーバーカステル ゴールドファーバー(水彩色鉛筆)

応援クリックお願いします。
励みにしています。

1日1回クリックしてね!
人気ブログランキングに投票する

Flickrも覗いてみてください。
絵をスライドショーで見ることができます。