明るい子宮筋腫

多発性巨大子宮筋腫と診断されました。悩んでみても始まらない。明るく元気にやるまでさ!セカンドオピニオン後、転院、2011年1月腹腔鏡手術で子宮摘出しました。1200gでした。そして2年 いよいよ更年期です

  • 2月 6

    「きちんと治療をしよう」と決めてから、
    自分にあった治療法を見つけるために
    子宮筋腫について情報を集めました。

    当初は開腹手術しか治療法はないと
    と思っていたのですが、
    調べてみるといくつかの方法が見つかりました。

    おおざっぱに言うと、
    経過観察、逃げ込み、外科的治療です。

    その中で、私がなぜ腹腔鏡で子宮摘出を選択したか、
    をご紹介します。

    ただ、私は医療関係者ではないので、
    この情報はあくまでも若林の持っている情報ということを
    了承の上、お読みください。

    まずは、経過観察

    子宮筋腫は、良性の腫瘍なので転移の心配はありません。
    筋腫があるからと言って、必ずしも手術はしなくてもいのです。

    定期的に診察を受け、状況が変わったら手を打つことになります。
               
    私の場合、
    最初は特にひどい症状も感じなかったので(結びつかなかった)
    筋腫は大きくても外科的治療をするつもりはありませんでした。

    閉経まであとわずかであろうとも考え、
    初診後、しばらく経過観察をすることにしました。
              
    1年観察したところ、
    まだまだ大きくなっているのがわかり、
    次の方法を考えることになりました。
          
          
           
    次は逃げ込み

    おそらく閉経が間近だろうと推定し
    GnRHアゴニスト療法でエストロゲンを止め、
    偽閉経状態にします。

    子宮筋腫はエストロゲンの影響で大きくなるので、
    エストロゲンが止まると、筋腫は小さくなるのです。

    方法としては、皮下注射、点鼻薬があります。
    注射はリュープリンという名前が良く知られています。

    毎月、1本注射をすることで、偽閉経状態を維持します。

    ただし、エストロゲンを止めると骨量も落ちていくので、
    連続しての使用は最高6ヶ月です。

    6ヶ月後、注射をやめても生理が止まっていれば、
    本当に閉経したことになります。

    問題は、注射をやめると筋腫は次第に大きくなり、
    また元の大きさに戻ること。

    もし、6ヶ月後、生理が戻ってしまったら、
    しばらく間を置き、再度ホルモン療法を始めることになります。

    私の場合、この方法も考えたのですが、
    下記の理由で見送りました。

    ・ホルモンを止めても、筋腫は小さくなるだけで、なくなりはしないこと。
    ・はたして6ヶ月後に本当の閉経をしているかどうか確信できないこと。
    ・不必要に骨量を落とすことはしたくないこと。

    ホルモン療法は、
    副作用(更年期障害状態)も引き起こし、
    (人によって程度はさまざま。私は軽かった)
    薬価が高いことも考慮すると、
    現実的ではないように思われました。

    実際、手術前に筋腫を小さくし、出血を抑えるために
    4回リュープリンを使ったところ、
    2回目で小さくなりましたが(小さくなっても1200gありました)
    それ以降は小さくなりませんでした。

    <今日の体調>
    ものすごく良い!
    ここしばらく、咳もでません。

    歩く速度も以前とほとんど同じ、
    というか、手術をしたことも忘れて、
    さっさと歩いていました。

    昨夜は帰宅が深夜12時を過ぎていたのに、
    今朝は普通に起きることができました。

    貧血していたときには、考えられないことです。
    当時なら昼まで寝込んでいたでしょうから。

    気づけば、ここしばらくで、鎮痛剤を飲んだのは、
    手術の翌日だけ。

    こんなに長く鎮痛剤(愛用はイブ)を飲まないのは、
    いつ以来だろう?

    <今日の歩み>
    2611歩
    1.1km
    累計 601804歩

カレンダー

2020年9月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

★2011年 元気になったらやること♪

1.研修ツアー
2.絵画展
3.ダイアンフォンファステンバーグのドレスを着る
4.旅行(どこにしよう?)
5.プールに泳ぎにいく!
6.白いパンツをはく(購入 あとは着るだけ)
7.2010年冬に買った黒のニットワンピースを着る
8.アメリカに色鉛筆留学に行く
9.アメリカ色鉛筆協会CPSAに入会する
10.思いっきり絵を描く
11.ボイストレーニングを企画する(企画中)

入院生活に役立ったもの

入院生活に役立ったものが買えるお店をご紹介します。
★前開きネグリジェ
1日だけしか着ませんが必要です。
↓これを着ました
洗いざらし二重ガーゼスリーパー/婦人・L・ライトピンク
私は着ませんでしたが、看護師さんのお手間を考えるとこちらの方が良さそうです。

★ゴムゆるめのショーツ
案外悩むのがこれ。私はこれを用意しました。

こちらも使いました。おへその傷がウェストに当たることがありましたが、そんなに痛くもなく。
★タオル
体の下に敷ける大きなものが便利です。病院からの指定品の中にもありました。
シーツ代わりにもなる大きなタオルです。最初にタオルだけを洗濯する必要があります。退院後もシーツ代わりになって便利。
205cm超大判バスタオル

205cm超大判バスタオル

価格:2,289円(税込、送料別)


バスタオルは、こちらを持っていきました。片面がガーゼです。乾きやすくかさばりません。体を拭くバスタオルとフェイスタオルをこちらでそろえました。フェイスタオルは、枕カバーとしても快適でした。
裏ガーゼ【大判】バスタオル

裏ガーゼ【大判】バスタオル

価格:1,701円(税込、送料別)

プロフィール

名前:Belta 若林眞弓
女性 自営業 既婚 子どもなし 49歳の時に腹腔鏡手術で子宮を摘出しました。

絵描きで、塗り絵教室をしています。

出身は島根県。
今は仕事のため、島根県の松江市と東京とを行ったり来たりする生活です。

自分の人生、自分でデザインしましょ。

その他のブログ:
Office Beltaのブログ

Beltaの色鉛筆ギャラリー

Beltaの大人の効果的な学習方法

メールアドレス: info@belta.jp

コメントの書き方について

このブログ、一見するとコメント欄がなさそうに見えますが、ちゃんとあります。 各記事のタイトル(例・「手術当日(入院3日目)」)をクリックしてください。 個別記事が表示されます。 その一番下にコメント欄があります。 メールアドレスの入力欄がありますが、ここに入力されても、公開されることは一切ありません。 安心してご活用ください。

最近読んだ本

代替医療のトリック
↓これはよかった★★★★★
手術と麻酔についてよくわかります。

マンガ家の大島弓子さんは、子宮筋腫と卵巣腫瘍を経験されました。

手術から6年。
本を出版しました。