明るい子宮筋腫

多発性巨大子宮筋腫と診断されました。悩んでみても始まらない。明るく元気にやるまでさ!セカンドオピニオン後、転院、2011年1月腹腔鏡手術で子宮摘出しました。1200gでした。そして2年 いよいよ更年期です

  • 10月 18

    2011年 腹腔鏡手術で子宮を摘出しました。

    腹腔鏡手術での子宮摘出手術については、
    2011年12月以前の記事をご覧ください。

    2012年 秋 なんとなく体調が…。どうやら更年期のようです。
    仕事もあるので、やっぱり明るく乗り切りたい。
    ホルモン補充療法を始めました。
    今後はホルモン補充療法と更年期についても書いていきます。
    ———————————————————-

    2016年10月18日

    ここしばらく、、腰痛でした。

    教室で絵を描いていて、立ち上がろうとしたら、「痛い!」

    まっすぐ立てばちゃんと歩けるので、日常生活で困るのは、
    咳やくしゃみのとき。

    これは痛い(笑)

    痛いので、

    スタッフに、

    「痛い、死んじゃうかもしれない」と泣きついたら、

    「死にませんから」と笑われました(笑)
     
     
    今日はもう大丈夫ですけどね。

    おそらくぎっくり腰ではなく一時的なものだと思います。

    ハロウィンシーズンですからね。
    魔女の一撃だったのでしょう。

  • 9月 1

    2011年 腹腔鏡手術で子宮を摘出しました。

    腹腔鏡手術での子宮摘出手術については、
    2011年12月以前の記事をご覧ください。

    2012年 秋 なんとなく体調が…。どうやら更年期のようです。
    仕事もあるので、やっぱり明るく乗り切りたい。
    ホルモン補充療法を始めました。
    今後はホルモン補充療法と更年期についても書いていきます。
    ———————————————————-

    今日は2ヶ月に1回の内科の日。

    マグミットを出していただきました。

    歩いてすぐのご近所さんの内科で、看護師さんたちとも顔見知り。

    体重と血圧測定。
    体重は低めですが、このところ意識して食べているので、少し増えていました。

    いつものように、
    お医者さまに手と目とのどと、おなかを見ていただき(おなかは触るだけ)

    「おなかの中、何もないねぇ」と。

    ちゃんと朝、お通じがありましたからね!

    先生は、電子カルテを確認して

    「あれ、最近大腸の検査してないね。
    年1回、する方がいいよ」

    ということで、いただきました。
    検便キット。

    先生「たぶん、大丈夫だと思うけど。
    血液が混じってたらねぇ」

    私「や~ん」

    先生「や~ん」

    診察室がほのぼの~(笑)

    次回(2ヶ月先)提出します。

    定期的に通う内科のお医者さまがあると、
    心強いですね。

    2ヶ月先より前に、インフルエンザの予防接種の予約があるので、
    そのときにお願いしようかと思います。

    その前に来月は乳がん検診。

    新宿の病院に予約済みです。

    最近は通販でもあるんですね。

    (2016/09/01)

  • 8月 29

    2011年 腹腔鏡手術で子宮を摘出しました。

    腹腔鏡手術での子宮摘出手術については、
    2011年12月以前の記事をご覧ください。

    2012年 秋 なんとなく体調が…。どうやら更年期のようです。
    仕事もあるので、やっぱり明るく乗り切りたい。
    ホルモン補充療法を始めました。
    今後はホルモン補充療法と更年期についても書いていきます。
    ———————————————————-

    みなさん、お久しぶりです。

    気づけば、最後の更新が2013年。
    3年も経ってしまったんですね。

    現在2016年8月の終わり。時が経つのは早いものです。

    2013年からいろいろなことがありました。

    忙しすぎて、あっという間~。

    実は、先日、このブログを読まれた方からメールをいただきました。

    更新が止まってからずいぶんと経つブログですが、
    読んでくださる人がいらっしゃるなら、近況をお知らせするのも良いのかと思います。

    手術をしても、子宮がなくても、元気で毎日を楽しんでいる人もいるって
    参考にしていただくとうれしいです。

    この3年間のことを項目別にお知らせしますね。

    ■ 東京に引っ越しました

    松江と大阪を往復する生活でしたが、
    2015年から松江と東京を往復しています。

    仕事の都合でやむなく。

    大阪は今も時々、色鉛筆塗り絵の教室のため行っています。


    ■ 健康について

    * 婦人科

    大阪を離れるとき、かかりつけの病院に紹介していただき、
    東京でも婦人科に通い、エストラーナテープを処方していただいています。

    エストラーナテープのおかげか、更年期障害らしき症状は全然なくて、元気!

    時々体調は崩しますが、年齢的にもそんなもんかと思います。

    こちらの病院は3ヶ月に1回通っていて、
    半年に1回血液検査、1年に1回、卵巣の検査をしていただいています。

    私は卵巣が残っていますので、卵巣がんの検査をする方が良いのだそう。

    卵巣がんは沈黙のがんで、症状が出たときには進行している可能性が高いので、
    1年に1回の検診は欠かさない方がいいということでした。

    定期的に婦人科検診を受けるようになったのは、子宮筋腫のおかげだと思っています。

    そして、女性ホルモンを補充しているので、乳がんリスクが高くなるそうなので、
    こちらも年1回、検診を受けています。

    私はマンモグラフィーに映りにくいそうなので、エコー検査も併用しています。

    *内科

    2014年の冬、ひどい便秘をしてしまい、以来内科でお薬を出していただいています。

    「マグミット」という便を柔らかくするお薬で、これを朝晩1錠ずつ。

    おかげさまで快調!

    自宅から歩いて2分のところにある内科に2ヶ月に1回通っています。

    その内科の医院で、健康診断もお願いしたところ、
    なんと、2015年の暮れ、胆嚢にポリープが見つかりました。

    大きな病院を紹介していただき、
    エコー、CT、MRI検査の結果、とりあえず、手術はせずに経過観察となっています。
    (ちなみに、造影MRIだったのですが、造影剤にアレルギーがあり、全身かゆくてたまりませんでした)

    今年(2016年)6月の検査ではごくわずか、大きくなったかなぁ?ということで、
    半年に1回、検査をしていただくことになっています。次回は12月。

    *まとめ

    2ヶ月に1回 内科(マグミット)
    3ヶ月に1回 婦人科(エストラーナテープ)
    半年に1回 婦人科(血液検査)
    半年に1回 胆嚢検査
    1年に1回 卵巣がん検診
    1年に1回 乳がん検診

    という状況です。

    婦人科と胆嚢検査はサイクルがずれているので、
    3ヶ月に1回の血液検査になっています。

    胆嚢検査以外は、早期発見のための検診ですね~。

    あれだけ病院ギライだったのに、
    こんなに定期的に病院に行っているなんて。
    我ながらびっくり。いい子になったもんです。

    *外科

    2013年10月と2014年3月に足をの指を骨折しました。

    2013年の骨折は、親指の付け根で、なかなか直らず大変でした。

    (せっかくなので描いちゃいました)

    それが良くなったと思ったら、次は同じ足の小指を骨折。

    結局トータル7ヶ月、足を引きずるという憂き目に(笑)
    今は完治!

    ■ 習い事について

    東京で、月に1~2回、バレエを習っています。
    舞台に立つ!というのではなく、
    運動不足とストレッチのため。

    楽しいです!


    ■ 仕事について

    カラーと心理学の仕事の他、
    色鉛筆の塗り絵教室を松江、東京、大阪でしています。

    それから、

    2016年8月19日

    初めての本を出版しました。

    子宮がなくても自分は自分。

    自分の人生を楽しみたいと思っています。

    悲しくなったり、寂しくなったり、いっぱいしたんだもん。
    これからの人生だって何があるかわからない。

    だから、「今ここ」の時間を良いものにしなくちゃね。

    (2016年8月29日)

  • 12月 13

    肋骨にひびを入れたり、ぎっくり腰をしたり。

    毎年、何かしらイベントが起きるようになりました。

    うふふ、年齢でしょうかね。

    それもまた楽し♪と思いましょ。

    お正月には肋骨治るかな。


    塗り絵ワークショップ前、軽いお昼ご飯。
    ごちそうさまでした。

  • 12月 12

    このブログでもちらりとお話ししているとおり、
    喘息を持っています。

    最近は治まっていますが、それでもちょっとした刺激で、ゴホゴホと。

    先日も美容院でゴホゴホ、その後、ゲホゲホ。

    すぐに治まった、と思っていたら、痛いのです。

    左の胸、ちょうどバストが終わった当たりが。

    やったみたいです。
    肋骨にヒビ。

    以前も2度ほど咳でひびを入れた経験があり(1度は折れたらしい)
    痛みがよく似ていますので、間違いないと思います。

    大きな呼吸、
    咳、くしゃみ、手を伸ばす、重い荷物を持つと、痛みます。

    特に治療方法はないので、このまま1ヶ月、
    痛みと付き合うことにしましょ。

    みなさまも、咳にはご用心。

  • 8月 12

    子宮筋腫の話題でなくてごめんなさい。

    8月3日にぎっくり腰やりました。

    うぐっ!と言ったっきり。

    それでも、真性のぎっくり腰ではなかったみたいで、
    今日現在、ほぼ回復。

    まだ力仕事はしない方が良いと思うけど、
    日常生活には支障がなくなりました。ほっ。

  • 7月 1

    2011年1月26日に49歳で腹腔鏡下手術で子宮摘出し、
    早くも5ヶ月。

    今やすっかり元気で、何一つ以前と変わらぬ生活です。
    異業種交流会や3日間のカラーイベントなど、
    がんがんとお仕事中。

    ですが、50歳になり、いろいろと経年変化も現れてきたようです。

    仕事が忙しいためなかなかブログの更新ができませんが、
    そのあたりのこと、書いてみようと思います。

    今日は大阪へ移動する日で、これから慌ただしくなります。
    少し落ち着く来週には、ご報告しますね。

    術後の私の日常は、
    Office Beltaのブログを読んでいただくと、
    若干わかると思います。

    私生活は書いていませんが、
    仕事の様子から体の調子は見ていただけるでしょう。

    手術で迷っている方、
    積極的に勧めるつもりはないのですが(ご自分で決めることですものね)
    こういう人もいると思ってもらえるといいな。

  • 4月 30

    2011年1月26日、腹腔鏡手術で子宮を摘出しました。
    手術を決めたときから、手術、術後をリアルタイムで
    綴っています。術後3ヶ月の検診も終わり、全快しました。
    ———————————————————————–

    3ヶ月検診が終わり、仕事へまっしぐら。
    やっとゆっくり記事を書くことができます。

    少し前に、手術前に買った洋服のお腹周りが余って、
    着られなくなったと書きました。

    どれくらい余ったかたというと、

    これくらい。

    すごいでしょ。

    これ、手術前(リュープリン前)には、
    ホックが吹っ飛んだんです。

    リュープリンで小さくして1200gでした。
    初めての診断でのお医者さまの見立てでは1500gくらい。

    大きくなっていくお腹に
    「今すぐ小さくなって」と泣きたくなったっけ。

    それももう終わり。

    すっきりお腹です。

    これから手術を考えていらっしゃる方、
    大変なときはあっという間に終わります。

    大丈夫、がんばれ!

    <今日やったこと>
    お客さまへ商品発送
    イベント準備

    <今日の歩み>
    7305歩
    3.2km
    累計29899歩

  • 4月 23

    2011年1月26日、腹腔鏡手術で子宮を摘出しました。
    手術を決めたときから、手術、術後をリアルタイムで
    綴っています。今日は術後88日目。
    ———————————————————————–

    昨年履いていたパンツを履いてみたら、
    あら、びっくり。

    ウェストが余って余って、
    これはもう着られません。

    手術をする前は、ホックが吹っ飛んだのに。

    けど、このパンツ、購入したのは2007年頃。
    その頃は普通に着てました。

    ということは、その時期にはもうお腹が出ていたんですね。
    もう筋腫成長してたんだ。

    なくなってみて初めてわかりました。

    さて、履けると思っていたパンツが2本、
    履けないことがわかりました。

    やれやれです。

    もう少し、買わないといけないかな。
    困ったもんだ。

  • 4月 21

    2011年1月26日、腹腔鏡手術で子宮を摘出しました。
    手術を決めたときから、手術、術後をリアルタイムで
    綴っています。今日は術後86日目。
    ———————————————————————–

    やっと仕事が落ち着き始めました。

    3月半ばから仕事がたくさんあり、
    超多忙でした。

    こうなることは予想ができていました。
    そのために手術を1月に設定したのです。

    1月は人が動かず、仕事の依頼も多くはありません。
    ですが、3月になると暖かくなることもあり(特に山陰)
    仕事が増えてきます。

    忙しくなる3月には体調を戻し、そのまま夏を迎えるために、
    病院には1月中に退院するようお願いしました。

    病院の都合もあり、2月にかかってしまいましたが。

    それでも2月末にはすっかり元気になっていたので、
    仕事の依頼を断らずに受けることができました。

    子宮筋腫は一刻を争う病気ではありませんから、
    ご自分のライフスタイルに合った時期に
    手術をされるといいですね。

    <今日やったこと>
    本の交換bookわらしべで本を交換しました。
    絵を1枚描き上げました。

    <今日の歩み>
    9416歩
    4.2km
    累計995466歩

    Tagged as:

カレンダー

2020年2月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

★2011年 元気になったらやること♪

1.研修ツアー
2.絵画展
3.ダイアンフォンファステンバーグのドレスを着る
4.旅行(どこにしよう?)
5.プールに泳ぎにいく!
6.白いパンツをはく(購入 あとは着るだけ)
7.2010年冬に買った黒のニットワンピースを着る
8.アメリカに色鉛筆留学に行く
9.アメリカ色鉛筆協会CPSAに入会する
10.思いっきり絵を描く
11.ボイストレーニングを企画する(企画中)

入院生活に役立ったもの

入院生活に役立ったものが買えるお店をご紹介します。
★前開きネグリジェ
1日だけしか着ませんが必要です。
↓これを着ました
洗いざらし二重ガーゼスリーパー/婦人・L・ライトピンク
私は着ませんでしたが、看護師さんのお手間を考えるとこちらの方が良さそうです。

★ゴムゆるめのショーツ
案外悩むのがこれ。私はこれを用意しました。

こちらも使いました。おへその傷がウェストに当たることがありましたが、そんなに痛くもなく。
★タオル
体の下に敷ける大きなものが便利です。病院からの指定品の中にもありました。
シーツ代わりにもなる大きなタオルです。最初にタオルだけを洗濯する必要があります。退院後もシーツ代わりになって便利。
205cm超大判バスタオル

205cm超大判バスタオル

価格:2,289円(税込、送料別)


バスタオルは、こちらを持っていきました。片面がガーゼです。乾きやすくかさばりません。体を拭くバスタオルとフェイスタオルをこちらでそろえました。フェイスタオルは、枕カバーとしても快適でした。
裏ガーゼ【大判】バスタオル

裏ガーゼ【大判】バスタオル

価格:1,701円(税込、送料別)

プロフィール

名前:Belta 若林眞弓
女性 自営業 既婚 子どもなし 49歳の時に腹腔鏡手術で子宮を摘出しました。

絵描きで、塗り絵教室をしています。

出身は島根県。
今は仕事のため、島根県の松江市と東京とを行ったり来たりする生活です。

自分の人生、自分でデザインしましょ。

その他のブログ:
Office Beltaのブログ

Beltaの色鉛筆ギャラリー

Beltaの大人の効果的な学習方法

メールアドレス: info@belta.jp

コメントの書き方について

このブログ、一見するとコメント欄がなさそうに見えますが、ちゃんとあります。 各記事のタイトル(例・「手術当日(入院3日目)」)をクリックしてください。 個別記事が表示されます。 その一番下にコメント欄があります。 メールアドレスの入力欄がありますが、ここに入力されても、公開されることは一切ありません。 安心してご活用ください。

最近読んだ本

代替医療のトリック
↓これはよかった★★★★★
手術と麻酔についてよくわかります。

マンガ家の大島弓子さんは、子宮筋腫と卵巣腫瘍を経験されました。

手術から6年。
本を出版しました。